太陽光発電

土地権利付き太陽光発電所販売

太陽光発電投資物件

太陽光発電事業への投資はエコで高利回りとして近年注目されています。
荒川電工では、固定価格買取制度(FIT)を活用した
20年間の売電権利付き低圧の太陽光発電所を販売しております。

太陽光発電投資とは

太陽光発電システムを設置し、発電所で生み出した電気を電力会社に売却して利益を得る投資方法です。

太陽光で発電した電気の売却価格は「固定価格買取制度」によって国が定めた単価で、産業用であれば20年間買い取ってもらえます。そのため、相場の影響を受けずに安定して利益を得ることができる投資方法です。

一度設置してしまえば、比較的管理には手がかからず、利回りは固定価格買取制度によって一定額が保証されるローリスクな投資といえます。

20年間を見据えた機器選定

パネルは信頼できるメーカーから直輸入、その他の機器もこれまでの実績をふまえて20年間で高い実質利回りが出せるよう選定しています。

また、除草シート標準装備で、除草コストを低減します。

信頼の自社施工

自社で設計・材料調達・施工を一貫して行っているので、品質には自信があります。

充実の自社メンテナンスサービス

20年間という長い売電期間も、安心してお使い頂けるように、荒川電工では様々なメンテナンスプランをご用意しております。

※詳しくはお問合せください。

オリジナル事業性評価サービス

荒川電工は、再生可能エネルギー発電事業の「事業性評価サービス」(2018年特許取得)の提供を開始しました。

近年一部の太陽光発電所において、安全性の確保や発電能力維持のための対策が取られていないなどの問題が全国で起きております。

「事業性評価サービス」は、動産鑑定・発電リスク評価・災害リスク評価の3つについて、独自の指標による「事業性評価システム」を用いて診断・分析することにより、発電事業の事業性を評価し「事業性評価書」を発行するサービスです。

※詳しくはお問合せください。

荒川電工 販売案件 パネルDoプレミアム権利案件の特長

安心・安全・安価の
高出力モジュール!

当社の厳しい管理基準を満たした工場のみで作られる、安心・安全なモジュールを直輸入で安価にお届けします。

モジュール単位での
出力コントロールで
発電効率UP!

モジュール毎に出力をコントロールするオプティマイザを使い、影やパネルの個体差の影響を最小限に!従来型のパワコンに比べ、発電量は3~10%アップします。

※条件によって異なります。

モジュール単位での
監視ができるので
メンテナンスコストDOWN!

オプティマイザにより、モジュール単位で出力の監視ができるため、現地を見に行かなくても、異常の有無が確認できる!

必要なものは全部入っている!

草刈り不要の防草シート、2017年から義務化されたフェンス、 10年間の自然災害補償に加え、各機器の保証も充実!売電をするために必要な申請費用も込み!

※電力会社と接続(連系)するための費用は別途必要になります。

物件紹介例

大月弘見西B

表面利回り
10.06%
価格
1,738万円(税込)
パネル総容量
97.28 kW
連系予定
2021年

大月清王

表面利回り
9.39%
価格
2,398万円(税込)
パネル総容量
94.72 kW
連系予定
2021年

宮崎都城A

表面利回り
9.27%
価格
2,310万円(税込)
パネル総容量
94.72 kW
連系予定
2021年

詳細一覧を見る